Just another WordPress site

ジェイバン

 

助成金の財源は『雇用保険料』

 

%e5%8a%a9%e6%88%90%e9%87%91%e3%81%ae%e8%b2%a1%e6%ba%90厚生労働省所管で取扱っている支援金を「助成金」といい、この財源は、経営者が毎月支払っている「雇用保険料」です。

 

経営者が多めに支払っている雇用保険料の0.35%部分が助成金に活用され、その総額は年間約2000億円。毎年政府の方針に沿った助成金制度が発表されます。

助成金は、条件を満たしたすべての会社に受給する権利があり、返済する必要がないお金です。

けれども、残念ながら90%以上の経営者がこの助成金のもらい方を知らないという現状です。

 

 

テーマは「働きやすい、働きがいのある職場づくり」

 

%e5%83%8d%e3%81%8d%e3%81%8c%e3%81%84厚生労働省は、現在『働きやすい、働きがいのある職場づくり」をスローガンに、従業員のキャリア形成、離職率軽減などの施策で行っており、その目的に沿った助成金制度を実施しています。

 

平成28年度は、従業員が1名以上いる事業所なら、どの業種でも150万円以上の受給が可能です。

この助成金を活用することで、会社負担0円で『ジェイバン経営者サポートプログラム』を実施し、円滑なコミュニケーションで、職場の連携強化、離職率軽減、売上アップが実現できます。あなたの会社をより明るく、より元気するチャンスです!

 

無料・個別説明会開催

社員1名以上の事業所を経営し、ジェイバン経営者サポートプログラムの実施を希望される方には、弊社が連携する社労士が助成金申請をサポートいたします。(月間限定4社)。国の助成金制度の活用により、別途の費用負担なく、あなたの会社を「より元気に!より強く!」成長させるチャンスです。詳しくは「無料・個別説明会」にてご説明いたします。

 

無料説明会のお申し込みはこちら

 

 

「職場環境改善・経営者サポートプログラム」を採用すると

  1. ジェイバンの性格統計コミュニケーション学を経営者が学び、率先して活用する。(プログラム内容は個別説明会でご案内いたします)
  2. 管理職との連携強化が図れ、職場の人間関係が円滑になる。
  3. 社員が定着し、人材が育ち、連携アップで活気ある職場に。
  4. 効率・生産性アップ、業績アップで会社も大きく成長する。

 

 

実績

 

●店長のリーダーシップ向上
部下に合った褒め方や仕事の教え方・任せ方がわかります。

【飲食チェーンの実例】
店長がそれぞれのスタッフの性格タイプを理解し、それぞれにあった「褒め方や仕事の教え方・任せ方」を実践したところ、連携がよくなり、店長がスタッフとのコミュニケーションに自信を持ち、離職率が減少し、低迷していた店舗売上が前年比132%を達成した。

 


 

上昇グラフ

●売上アップ、離職率軽減
顧客の性格タイプに合った販売方法をマニュアル化できます。

【自動車販売会社の実例】
車種ごとの説明手順(コンセプト、燃費、価格、参考資料、言葉がけ、質問に対しての答え方など)をマニュアル化。営業マン全員が顧客の性格タイプに合った対応をできるようにした。4ヶ月後、営業所全体で前年比138%、これまで達成率40%前後だった3年目の営業社員の成績が103%達成に至った。営業社員の離職率が減少した。

 

 


 

●集客力アップ、売上アップ
反応率の高いHP・ブログ・チラシの作り方がわかります。


【住宅メーカーの実例】
1枚のチラシに3タイプすべてに響く要素「キャッチコピー、色合い、文章の内容、文字の大きさ、写真、データなど」をちりばめたところ、見学会のポスティングで以前は新規0件だったのに対して15件の新規顧客が来場した。

自社の売りである「住宅の健康機能」の説明方法を、顧客の性格タイプ別にマニュアル化。営業マン全員が個々の顧客に対応した説明をできるようにした。高機能のオプション追加や壁材をグレードアップする人が増えた。
親への説明の仕方、展示会への誘い方を親の性格タイプに合った言い方にして、親からの援助もあり、お客様の希望が叶い、受注単価もアップした。

 

改善前img_9037

改善後img_9036

【販売戸数の推移】
2013年・・・年間受注件数は12件 

(サービス利用開始2014年) 

2014年・・・16件 (4件増加) 

2015年・・・16件 (前年を維持)

 

【2015年一軒当たりの受注額】 

核家族・若い世帯  2300万 → 3000万(700万アップ)
2世帯住宅     4000万 → 5200万(1200万アップ)

 

 

 

「働きやすい職場づくり」をサポートします!

 

image6はじめまして。

株式会社ジェイバンの稲場真由美です。

 

弊社は、独自開発した「性格統計学」をもとに、

「社会を元気にする取り組み」を行っている会社です。

 

家庭、職場・ビジネス、地域、学校・・・。あらゆる場面で、人とのつながりがあり、円滑なコミュニケーションが求められます。中でも職場の人間関係は、その良し悪しで社員の働きやすさ・モチベーションに関わり、会社の業績までに影響します。

 

活発で働きやすい職場は、コミュニケーションが円滑になされています。おのずと社員が定着し、人が育ちます。また連携がスムーズになり、効率や生産性が上がるため、会社も成長します。

けれども今、多くの会社では人材不足や離職率の増加、パワハラやうつの問題など、経営者にとって「人の問題」は尽きません。

 

私は約17年前に、ある営業会社の代理店として営業と育成を担っておりました。

人間関係のズレがきっかけで、組織は大きく崩れ、経営は立ち行かなくなりました。

そんなときに、今、私が世の中に発信している『性格統計学』の元となるノウハウに出会いました。

 

image5人の性格をタイプ別に分け、独自に相手に合った「褒め方、叱り方、励まし方、目標設定」を考え、育成や営業の現場で実践し続けました。最初は、自分でも半信半疑で試していたのですが、徐々に効果が表れ、スタッフのモチベーションは向上し、どんどん人は育ち、組織の拡大とともに売り上げは倍々と伸びていきました。

 

約4年で28倍(2億8千万)の売上になり、組織も6倍に拡大。2005年、2006年と2年連続で、富山という小さな商圏で売上全国1位を達成するに至りました。

この成果は人間関係の改善で成し遂げたものであり、相手を理解し、相手に伝わる言葉でコミュニケーションすることの大切さを実感した瞬間でもありました。

その後2007年に、このノウハウを体系化し株式会社ジェイバンを立ち上げました。

私だけでなく多くの人にこのメソッドを知っていただき、幸せになってほしいという願いからです。

 

 

厚生労働省は平成26年度より『「働きやすい、働きがいのある職場づくり」プロジェクト企画委員会』を立ち上げ、企業における人材確保や職場定着など職場環境改善を図るための施策を行っています。平成28年度の厚生労働省が行う助成金制度は、まさしくその一環であります。

 

私は今こそ、おひとりでも多くの経営者に「性格統計学」を知っていただき、働きやすい職場づくりに活かしていただくタイミングと確信しております。

 

このような経緯で弊社では、 この趣旨にご賛同いただきました社会保険労務士と連携し、助成金を活用した職場改善の取り組みについて意欲をお持ちの富山県内の事業者を対象に、助成金を活用した「ジェイバン経営者サポートプログラム」を販売することとなりました。

 

働きやすい職場環境は、元気な社員を育て、強い会社をつくります。

経営者の判断によって行われる助成金申請をきっかけに、経営者自らが先頭に立って「働きやすい職場、働きがいのある職場づくり」に取り組み、性格統計学を活用していただけますと、より元気で強い会社になると確信しております。

 

 

90%以上の経営者が知らない「助成金獲得法」

 

助成金や補助金という言葉を聞いたことがあっても、「うちの会社には関係ない」と思い込んでいる方がとても多いようです。おそらく、90%以上の経営者がそう思っているのではないでしょうか。(実は、私自身も「自分の会社には該当しない」と思い込んでいた一人です)

 

けれども、国や県が行っている補助金や助成金制度は、驚くほど数多くあります。対象は多数の従業員を雇用している会社だけではありません。アルバイト一人を雇用している事業者に当てはまるものもあるのです。

 

助成金を活用している人は、そのメリットを十分に享受し、ビジネスを発展させています。

しかし、助成金の情報をいち早く知り、申請を適切にお手伝いできるのは助成金のスペシャリストでもある「社会保険労務士」です。社会保険労務士とのかかわりのない事業者は「自分の事業に当てはまる助成金制度」があっても知らないままで、すべて自己資金で事業を展開しているのです。

 

まずは今ここで、正しい情報を知ることから始めましょう。

 

 

 

 

 

2016年4月から始まる「新しい助成金制度」を活用します。

 

今回の助成金は、現安倍政権が打ち出した「一億総活躍社会の実現」に向けて、

「介護離職ゼロ」を実現するための「介護支援取組助成金」

企業内の職業能力開発の仕組みづくりを促進「企業内人材育成推進助成金」などがあります。

図1

 

今年1月27日の国会で安倍総理による施政方針演説で

「正社員化や処遇改善を進める事業者への助成金を拡充します」

と明言。

※こちらのURLから(22:15)のあたりを再生してご覧ください。

出典:http://www.kantei.go.jp/jp/97_abe/statement2/20160122siseihousin.html

 

 この政策を上手く活用することで、経営者自身のマネジメント力、コミュニケーション力がアップし、「働きやすい、働きがいのある職場づくり」が実現で、会社を強く大きく発展させていくことができます。

 

 

どんな助成金を活用するのか

 

以下2つの助成金をはじめ「複数の助成金を組み合わせた」新しい活用方法をご説明いたします。

(補助金・助成金は年間3000種類あると言われています)

 

ご存知かもしれませんが、

助成金申請は書類作成の難易度が高く、社労士の中でも積極的に受けない方が増えています。

ましてや顧問契約をしていない事業者に対して、助成金手続きだけを請け負ってくれる社労士を探すことは大変困難です。

それなら自力で、と助成金申請を試みても、専門知識がなく前に進めないまま断念してしまう方がほとんどです。

 

そこで「職場環境改善・助成金プラン」をご希望の経営者さまで、社労士の知り合いがいない方につきましては、弊社の趣旨に賛同くださったパートナー社労士が、質の高いきめ細かな助成金申請を代行いたします。

 

 

キャリアアップ助成金

非正規雇用の労働者の企業内でのキャリアアップ等を促進するため、正規雇用への転換、人材育成、処遇改善などの取組を実施した事業主に対して行う助成。

 

図2

 

 

職場定着支援助成金

通常の労働者に対し、健康・環境・農林漁業分野などで、雇用管理制度(評価・処遇制度、研修制度、健康づくり制度、メンター制度)の導入等による雇用管理の改善を行った事業主、介護福祉機器などの導入を行った介護関連事業主に対して行う助成。

 

図4

 

 

 受給できる3つの条件とは?

 

最後に、受給条件を整理いたします。

助成金は補助金とは異なり「審査がありません」。申請して認定されれば100%受け取ることが出来ます。

ただし、いくつか条件があります。

 

  • 雇用保険・社会保険に加入していること。

    ※5名以下の個人事業主は雇用保険のみで可

  • 半年以内に会社都合の解雇がないこと。

  • 犯罪を犯していないこと。

 

もし上記の3つが当てはまらないようであれば、参加はご遠慮ください。大変申し訳ありません。
しかし、御社が上記3つを「満たしている」ようであれば、99%助成金受給が可能です。

せっかく、社会保険という月額会費を厚生労働省に支払っているわけです。
その加入特典である各種支援制度をどんどん活用し、是非強い会社を作っていただければと思います。

 

それでは、説明会にてお待ちしています!

 

無料個別相談会でわかること、得られるメリット

 

1.ジェイバン経営者サポートプログラムについて

 

  • 本サポートプログラムの内容とメリットがわかります。

  • 専用ソフトをもとに、無料で稲場真由美による『個別アドバイス』を受けられます。
    あなたの本質とコミュニケーションの傾向がわかります。
    ご自身のビジネス傾向・陥りやすいスランプの傾向と対処法がわかります。
    今後の経営にお役立てください。

 

2.助成金申請方法について

 

  • 受給可能な「助成金の種類と総額」の概算総額がわかります

  • 助成金申請の具体的な手順が分かります。

 

無料説明会のお申し込みはこちら

 

 

個別説明会の詳細はこちら

 

個別説明会のためご希望日時をリクエストしてください。

スケジュール調整の上で、ご連絡します。

 

会 場

株式会社ジェイバン

所在地:富山県富山市新根塚町2丁目9-16 MFビル1F

参加費用

通常料金5,000円 → 無料

持ち物 ・筆記用具
アクセスMAP  

 

「JBAN職場環境改善・経営者サポートプログラム」個別説明会のお申し込みはこちら

お電話でのお申し込みはこちら

0120-580-708 

 受付時間  10:00~16:00  定休日  土日・祝日

 

メールでのお申し込みはこちら

個別説明会のためご希望日時をリクエストしてください。

スケジュール調整の上で、ご連絡します。

 

お名前
例)山田 太郎
メールアドレス
例)sample@xxx.com
電話番号
例)000-000-0000
第1希望日 分~
第2希望日 分~