Just another WordPress site

トップ > 伝え方

伝え方

伝え方コミュニケーション中級検定

 

 「伝える力」が身につく!

すぐに使えて役立つ!根拠に基づいたメソッド

  

一般社団法人 日本ライフコミュニケーション協会認定

伝え方コミュニケーション中級検定 

3時間 受講料12,960円(合格証・テキスト代を含む)

性格統計学に基づいた理論と体験型ワークで「相手に伝わる伝え方」を学べます。

 

 

 

伝え方コミュニケーション検定とは

 

合格証伝え方コミュニケーション中級検定は、性格統計学に基づいた理論と体験型ワークで「相手に伝わる伝え方」を習得する検定講座です。一般社団法人 日本ライフコミュニケーション協会(以下JLCA)が主宰し、試験合格者に対して、JLCAより合格証を発行します。

対象は小学4年生以上。コミュニケーションスキルは、すべての人に必要な「世の中を生きていくための力」です。子供から大人まで、幅広い方々を対象としています。

※小学生のご受講は、親子同時受講または、すでに父兄ご受講済みで父兄の同伴がある場合に限ります。

 

 

コミュニケーション力は企業が求める能力NO1

 

経団連が毎年発表している「選考時に重視する要素」によると、企業が学生に求める力の第一位は「コミュニケーション能力」。10年以上続いており、今後さらにこの傾向は強くなると予想されます。

なぜ企業はコミュニケーション能力を求めるのか。それは、人とのコミュニケーションが発生しない仕事は世の中に存在しないから。どの仕事でも伝えたいことを円滑に伝えることはとても重要な要素だからです。

 

 

注目の「伝える力」が身につく

コミュニケーション力は、社交力や共感力も含め、とても広い範囲で使われますが、「円滑な人間関係」「ビジネス(職場連携、営業、育成)」を目的とする場合、以下のような「相手」を主体としたコミュニケーション力=伝える力の必要性が高くなります。

【伝達力】相手に自分の気持ちや考えを、伝わるように伝える能力
【理解力】相手が伝えようとしていることを理解し、汲み取る能力
【問題解決力】対話中の意見のすれ違いや不明点に気づき、それを解決する能力


伝え方コミュニケーション中級検定では人の性格の違いに着目し、自分と相手の受け取り方のズレを予測し、相手に伝わるように伝える”考え方”と”テクニック”を習得します。今後必要とされる「伝える力」が身につきます。

 

 

履歴書に書いてアピールできる資格

 

伝え方コミュニケーション中級検定で身につける「伝える力」は、幅広いコミュニケーションスキルの中で、特にニーズの高いスキルです。就職活動の際には履歴書に記載し、面接官から資格について質問をされた時には、性格統計学をもとに相手に合ったコミュニケーションの方法を学びました」と回答してください。就職活動でも役立つコミュニケーションの検定資格」です。

 

 

検定実施団体 JLCAについて

JLCAは、性格統計学にもとづいたコミュニケーションメソッドの普及活動と、講師やカウンセラーの資格認定、スキルアップおよびサポートを行う団体です。学校講演などへの講師派遣も行っています。2011年より、一般財団法人 生涯学習開発財団(1983年に文部省認可団体として設立)より資格認定団体として認可されています。

 

 

 

平成28年度 文部科学省の委託事業を受託

JLCAは、平成28年度 文部科学省の委託事業(「総合的な教師力向上のための調査研究事業」のうちの「民間教育事業者の力を活用した教員の資質能力向上事業」)にて、全国12団体の一つとして採択され、現在、黒部市教育委員会と連携し、市内3校に対して、性格統計メソッドを活用し、教員のコミュニケーション力向上を目的としたプログラムを実施しています。

 

 

検定講座の一部をご覧いただけます

 

 

 


 

 


 

■中級検定講座 開催スケジュール

 

伝え方コミュニケーション検定講座

日時と開催会場(東京・富山)をよくご確認の上、お申し込みください。

 

 


 

 

 

■成功している人は「伝え方」がうまい

 

仕事も家庭もうまくいっている人は、コミュニケーション力の中でも、特に「伝える能力」に優れています。

ハーバード・ビジネス・スクールの調査によると、コミュニケーション能力の差で、年収が約2倍変わるというデータがあります。※『Shortcut to Success』 by Jonathan Robinsonより引用

秀才が集まるハーバードでも、コミュニケーション力がある人と、そうでない人とでは、年収に大きな差が出ると明言しています。正確には1.85倍の差。

 

 

あなたの身近に2人の人がいたとしましょう。

Aさんから仕事や用事を頼まれると、気持ちよく「イエス」と言って、すんなり動けるけど、

Bさんに頼まれると、なぜかイラついて「ノー」と断りたくなる。

さてこの両者の違い、いったい何処にあると思いますか?

 

何事もうまくいっている人は、相手が気持ちよく「イエス」と言える「伝え方」を知っていて、人の力をうまく借りています。

たとえマイナスの内容でも、相手の落胆を最小限におさえる伝え方を知っています。

逆にうまくいっていない人は、伝えることや頼むことが苦手で、人の力を借りずに自分ひとりで空回りしています。

 

食事に誘うときも、好きな人に告白するときも、

家族に用事を頼むときも、子どもに勉強させるときも、

部下に仕事を指示するときも、新商品のチラシをつくるときも、

取引先に交渉するときも、お客様に商品を説明するときも、

私たちには一生の中で、「伝える場面」に数限りなく遭遇しています。

 

あなたが今までの伝え方で「ノー」だったもの。

今後それらを「イエス」に変えることができるなら、あなたの人生は素晴らしく変わります。

 

この「伝え方コミュニケーション中級検定 資格取得講座」(3時間)で、そのメソッドが学べます。

さらに一度習得したら、あなたはそれを生涯に渡って、有意義に使い続けることができます。

イエスを引き出す「伝え方」を身につけた瞬間から、あなたの人生は大きく豊かに変わります。

 

 

 

講座カリキュラム

 

1、フロントレクチャー(30分)
・「話し方」と「伝え方」の違い

・コミュニケーションにおけるストレス原因とは
・時代の流れとコミュニケーションの変化
・なぜコミュニケーション力が必要なのか?

・性格統計学とは
・伝える目的別「伝え方スキル」

2、メインレクチャー(120分)

・性格統計学にもとづいた「伝え方理論」を、体験型ワークを交えて学習。

3、中級検定・筆記試験(30分)

 

※合格者には、後日JLCAより、合格証をご自宅宛てに郵送いたします。

 

 

 

中級資格・検定講座の内容

 

●ベースは性格統計学。理論と根拠にもとづいたメソッドです。

人間の知覚により、同じものを見たり聞いたりしても、見え方・聞こえ方が人によって違うことが証明されています。

この「伝え方コミュニケーション検定」の土台となる理論は、歴史と実績ある算明学をもとに体系化したジェイ・バンの性格統計学(※1)。多くの成功事例により、その高い効果がすでに実証されているメソッドを、短時間で身につけることができます。

 

●3時間で相手の「イエス」を引きだす「伝え方」がマスターできます。

たった2通りのパターンを覚えるだけ。この方法を使えば「ノー」の返事が、驚異の確率で「イエス」に変わります。

この「伝え方コミュニケーション中級検定」では、性格統計学をもとに、日常生活で役立つ「伝え方のテクニック」を、レクチャーとワークショップで実践的に学べます。

 

●学んだその日から使え、目に見える効果を実感できます。

家庭や職場で使うタイミングが多い「よくある会話」を題材に、具体的な言い回しを学びます。

2つの基本パターンを覚えるだけの簡単なメソッドですから、学んだその日から使え、効果を実感できます。

家族や恋人など、身近な人ほどハッキリ効果がわかります。

 

●一度習得したら、生涯に渡って役立ちます。

仕事や家庭、ビジネスなど、いつでもどこでも簡単に使えるメソッドです。

使えば使うほど磨かれ、どんな場面でも自由自在に使いこなせるようになります。

自分にも相手にも気持ちいい、生涯役立つコミュニケーション・メソッドです。

 

●履歴書に書ける資格です。

講座カリキュラム修了後に、筆記試験を行います。

合格者には、後日、一般社団法人 日本ライフコミュニケーション協会より「伝え方コミュニケーション中級検定 合格証書」を発行いたします。履歴書に書ける検定資格です。

(※1)「伝え方コミュニケーション検定講座」では、性格統計学のノウハウを使いますが、生年月日のデータは使いません。

 

 

■このような方に

 

・対人関係に自信をつけたい 方
・家族や恋人ともっとよい関係を築きたい方

・子どもとうまくコミュニケーションをとりたい方

・子育てのためにコミュニケーションを学んでおきたい方

・部下の育成・指導をスムースにして、効率を上げたい方

・苦手な上司、同僚、クライアントとの関係をよくしたい方

・教員・保育士などお子さんとかかわるお仕事の方
・履歴書でコミュニケーションの資格をアピールしたい方

・接客や営業でもっと成果を上げたい方

 

 


 

■受講料・お支払いについて

 

受講料 12,960円(税込み) 合格証・テキスト代を含む
お申し込み方法

WEB受付のみとなります。

下記スケジュールより「ご希望の日時」の講座にお申し込みください。万一、自動返信メールが届かない場合は、お手数ですが

home(@)j-lca.orgまで、ご確認ください。

お支払い方法

前払いとなります。ご入金の確認(お振込み・クレジットカード決済)により受付完了となります。
お支払い期限は、お申し込み日翌日から起算して5日後となります。
5日以内に所定の方法でのご入金が確認できない場合は、お申し込みをキャンセルさせていただきます。

お振込み手数料について

お客様のご負担となります。

お客様のご都合によるキャンセルについて

受付完了後、お客様のご都合によるキャンセルは、原則としてお受けできません。1回に限り、受講日の変更ができます。ご了承のほどお願いいたします。

時間

3時間

習得する内容

心理統計学による日常生活における「伝え方」のノウハウ

取得できる検定資格 一般社団法人 日本ライフコミュニケーション協会認定
   

 


 

■ 受講のご感想

●たった3時間で、とても充実した内容でした。

心理学と統計学をベースにした実践的なコミュニケーションテクニックがとてもユニークで、早速、営業で使ってみようと思います。 (営業職 40歳男性)

 

●同じ言葉でも、人によってこんなに感じ方が違うことに驚きました。心理統計学というと難しそうでしたが、とてもわかりやすくてあっという間に時間がたちました。(会社員 41歳女性)

 

●ワークがとても面白くて勉強になりました。話し上手にならなくていい。「伝える力」だけで、仕事も家庭もうまくいくことがわかりました。(パート 52歳女性)

 

●営業にはもちろん、チラシに載せるキャッチコピーにも使えると思いました。
ぜひぜひ活かしていきたいです。アポ率、契約率アップを目指します!   (自営 35歳女性)

 

●一度NOと言われたからといって、諦めたり落ち込んでマイナスな気持ちにならなくてもいいんだなぁと思いました。「小さなYESを積み重ねていく」という言葉が特に印象に残りました。(主婦 33歳)

 

●私は反対のタイプの人の言い方をしたことがないので、日常生活でトレーニングを積んでいこうと思いました。夫とタイプが違うので夫婦関係がより良くなるように、子どもたちにもいい影響を与えられるようになりたいです。(OL 28女性歳)

 

●日常生活からビジネスまで「伝える言葉」って本当に大切だと感じました。これこそ、知っているのと知らないのでは幸せ度や収入などあらゆる面で違ってくると思いました。(自営 30歳女性)

 


 

■就職面接でのエピソード・ご紹介

コミュニケーションの資格は昨今、企業の就職面接でも高く評価されるようになってきました。

最近ひとりのご受講生が、就職面接の際「ジェイバンのコミュニケーション能力検定1級」と履歴書に記載し面接に望んだところ、見事合格したエピソードがあります。

 

履歴書を見ながら、いくつかの質問の中で

面接官:「このコミュニケーションの資格はどのようなものですか?」

本人:「はい、統計学をもとに、相手にあったかかわり方や、相手にあった言葉でコミュニケーションする方法を学んで取得した資格です。」

面接官:「すばらしいですね。ぜひ、役立ててください。」

 

そして見事、就職試験に合格され、今年4月から働いていらっしゃいます。

「あなたがきてから職場が明るくなったよ」といわれることもあるそうです。

もちろん、ご本人の明るい人柄があってのことですが、コミュニケーションを学んで資格を取得していることは、

就職面接を受ける上で大きな自信と武器になるようです。

 

経営者の目線からは、直近の仕事の内容と、最近取得した資格には関心が集まります。

その理由として、履歴書に書いてある資格は、その人が何に興味を持っていて「どのような姿勢で就職に取り組んでいるかをみる」ひとつの指標になるからです。

特に最近は、職場の人間関係に悩んでいる経営者や管理職が多いため、コミュニケーションに対して前向きな人には、注目が集まりやすく、評価や期待が高くなる傾向にあります。

そのため「伝え方コミュニケーション検定講座」は、日常や職場での実用性が高いことに加え、今後、資格としても価値が高まり、さらに注目が集まると確信しています。

 

 


 

■中級資格 検定講座 開催スケジュール

 

伝え方コミュニケーション検定講座

日時と開催会場(東京・富山)をよくご確認の上、お申し込みください。