コミュニケーション力UPは
性格タイプ別・伝え方で
ジェイ・バンの性格統計学

コラム 幸せの近道COLUMN

TOP > コラム 幸せの近道 > 学んだら、自分と家族に役立てよう!

その他
6.インプット&アウトプット
  • タイトル

    学んだら、自分と家族に役立てよう!

性格統計学は、学んだら活かすことをオススメします。
ご自分の知識を活かすことで「アウトプット」が出来て、一層あなたのスキルを上げていくことも可能にします。漠然としていますので、具体的な事例と合わせてご紹介しましょう。

 

アウトプットって何?

ジェイバンでいう「アウトプット」というのは、学んだ法則に従って活用すると言う事です。

もし、あなたが夫婦の関係で「動いてくれない、言ってもやってくれない」とストレスを感じているならば、夫に何か頼む時、”夫に伝わる言い方で頼んでみる”ことをいいます。そしてこちらから起こしたアクションに対して「どんな効果が帰って来るのか」と言う確認の行動。これがジェイバンでいう「アウトプット」=「実践」です。

 

「できない」から「できる」に

夫と揉め事がある妻の中には「こういう言い方をしてみましょう」と言われても、「そんな言い方なんて・・・」と頭から拒否する人もいます。
ところが、ものの試しにと実践してみると、うまくいくものなのです。

アウトプットをすることで、ご自分の中にある「出来ない」を「出来る」に変換すること出来ますね。
こんなマイナスの思い込みを壊して、成功体験をすると言うことに意味があります。
今まで出来なかったことが出来る様になると嬉しいですよね。
学んだ効果を実感することで、今後も自然に出来る様になっていきます。

 

計画魔の夫VSノープラン妻

例をあげてご紹介していきましょう。

ある夫婦がいますが、妻はいつも夫が機嫌悪くしているのを不思議に思っています。
夫は全ての計画を立てて、出かける前に頭の中でシミュレーションをするタイプです。
効率が最も大事だと考えていて、自分のプランにないことは好みません。

ところが妻は、車に乗って準備が出来てから、急に用事を思い出し、
「ちょっと○○にも寄ってくれる?」と言う事がよくあります。

夫は決まって機嫌が悪くなり、夫の傾向を理解していない妻は、
「何よ!また機嫌悪くなって。大体、男のくせに細かいのよ!」と言葉には出さずに不満を募らせています。

 

スキルリーディングで解決

こんな些細なことにも、性格統計学をもとにしたスキルリーディングでは、
夫婦間のストレス&すれ違い原因を明確にし、解決策の提案ができます。
この場合、妻に対しては、予定の変更は極力しないように気をつけることと、
どうしても変更が必要な時は、場所と目的を明確に伝えることをアドバイスします。

計画の変更について謝る→場所と目的をいう→結論 
「せっかく段取りしてくれてるのにごめんね。○○に△△を買いに行きたいの。途中でそのお店に連れて行ってくれる?」のように言えば、夫は妻の要望を理解でき、スムーズに納得し、プランを立て直せます。
「あぁ、わかったよ。スーパー行く前に寄ろうか。」

驚くほど夫の機嫌が悪くならず、問題の解消ができたのです。

 

ノープラン妻VS計画魔の上司

夫との関係でうまく問題の解決が出来た妻は、職場で嫌いな上司にも応用することを考えます。
今まで気が付きませんでしたが、この上司も実は計画魔なのです。

1日の仕事の中では、突発的な変更もありますね。
彼女はフレキシブルに対処できるのはいいのですが、上司へは事後報告になる傾向にありました。
計画変更もすべて知っておきたい計画魔の上司は、これが気に入りません。
彼女は仕事はできるのですが、上司の評価が悪く、上司の態度にも表れていました。

職場全体の雰囲気まで悪くなり、仕事がしにくいですよね。

学習した妻は上司に対して、変更の際、事前報告を心がけることにしました。
報告は「5W1H」を意識して「結論」から伝えることを心がけました。
書類の作り方も、今までは画像が多い構成だったものを、文章を多めに変更しました。

さすがに同じ計画魔同士・・・夫と同じ様に機嫌を損ねることがなくなっていきました。
身近な家族で関係の修復が出来たという成功体験を活かし、職場での関係修復まで出来たという一例です。

 

楽して結果が出るのは誰もが嬉しい

家庭での実践と職場での応用例を見て頂きました。
女性は、ダイエットでもスキンケアでも同じですが、苦労をして結果を出すのは好きではありません。
楽して痩せたい、楽してキレイになりたいと誰もが思っていますよね。
例を見て頂いた通り、妻は問題解決のために何かを我慢した、ものすごく努力したという感じを受けるでしょうか?

1.考え方
2.実践プロセス
3.結果を得る

この3ステップで、ストレスフリーになっていたので、ストイックに苦しむようなことなく実践出来たのです。
苦しいことは頑張っても長く続ける事は出来ません。
ストレスや負担なく出来るから、長い人生の中で起こる数々の問題があっても、性格統計学で解決していくことが出来るのです。

あなたに合った具体的な答えが見つかるカウンセラーを探す

PAGETOP