人間関係がうまくいく!
伝え方と受けとめ方は
ジェイ・バンの性格統計学で

法人のお客様

TOP > 伝え方ラボ > 法人のお客様

伝え方ラボは「働き方改革」を応援します!

 

「伝わらない、わかってくれない、どうしてそんな言い方をするんだろう・・・」

このようなコミュニケーションストレスに対して、伝え方・受けとめ方・気持ちの切り替え方を、スマホ上で瞬時に具体的に教えてくれるアプリが誕生しました。

 

社内外の人間関係を円滑に!働きやすく働きがいある職場づくりを応援します。

業務効率アップ

【セミナーのお知らせ】国からの半額補助を受けて、社員のコミュニケーション力UP!

 

株式会社ジェイ・バンは、サービス等生産性向上IT導入支援事業(経済産業省)において、「IT導入支援事業者」として採択されました。さらに「伝え方ラボ 職場+営業版」が、ITツールとして認定され、半額最大50万円の補助を受けて実施可能となりました。

 

伝え方ラボ職場+営業版は、社内連携に加え、顧客を性格嗜好で4タイプに分け、個々に合ったマンツーマン営業をナビゲーションし、生産性の高い営業活動を可能にします。以下の日程で、効果や成功事例、体験ができるセミナーを開催します。

国の補助金を使ってできる「今年最後のチャンス」です!是非この機会に!

 

 

 

 

 

「伝え方ラボ」とは

 

「伝え方ラボ」は、性格統計学の4タイプをもとにした「相手に合った伝え方」「相手の言葉の受けとめ方」を効率的に学べるeラーニング研修と、実践で各自自由に使える対人関係ナビゲーションツールがセットになったクラウド型アプリ

 

伝え方ラボ3つの特徴

❶ 各社員が1アカウントを持ち、自由に継続的に使える
❷ スマホでもタブレットでもパソコンでもいつでも使える
❸ 豊富なeラーニング教材、各自が好きな時間に繰り返し学べる

 

 

 

期待できる効果

 

職場におけるあらゆる問題の根底に「人間関係」があり、その解決策として「コミュニケーションの円滑化」が挙げられます。「伝え方ラボ」は、あらゆる人の問題をよい方向へ導き、相乗的に以下の効果をもたらすことが可能です。

 

人事労務・福利厚生の整備

メンタルヘルス対策
早期離職防止、定着率アップ
ハラスメント防止
採用の効率化、適材配置
相談できる環境づくり
家庭・子育て用 eラーニング

業務効率の向上、人材育成

教育の効率化(eラーニング)
コミュニケーション力の向上
連携強化、連携ミス防止

チームワークの強化
新人育成の効率化(教え方)
リーダーシップ養成

顧客分析、営業効率の向上

顧客タイプの嗜好傾向分析
営業接客法 eラーニング
顧客満足のための社内連携強化

売上アップ、リピート率アップ

営業職育成、売り上げの底上げ

 

 

 

eラーニングとは

Eラーニングとは、インターネット上で受けることのできる教育・学習形態。

 

eラーニングのメリット

図26・24時間いつでも、どこででもアクセス可能。

・通勤などスキマ時間で自由に視聴できる。

・繰り返し視聴できる。

・研修主催者側にとって、場所や時間の調整が必要ない。

・会場費や交通費等のコストも削減できる。

 

対人関係ナビゲーションツールとは

あらかじめ登録された人の名前を選択すると、ユーザと選択した相手との関係性、関わり方、タブー、相手に伝わる褒め方・教え方、相手の言葉の受けとめ方が表示されるツール。

 

対人関係ナビゲーションツールのメリット

伝え方ラボ・簡単・手軽な操作性。

・名前を選ぶだけで、相手に合った伝え方、言葉の受けとめ方が具体的に表示され、各社員にアドバイザーがついている効果がある。

・選んだ相手と同じタイプの人の名前が同時に表示され、連動してタイプ毎の特徴を学習できる。

・対人関係で悩んだり、ストレスを感じた時に、自由に観ることができ、各自が解決策を見い出すことが可能。勘違い・捉え違いなどによる問題悪化を防ぎ、メンタルヘルス対策に役立つ。

・社員間の相互理解に役立ち、社員の定着率アップにつながる。

 

 

 

社員一人ひとりの「受けとめ方&伝え方スキル」の向上がもたらす効果

 

受けとめ方

 

  • 多くの社員は職場でも営業でも、このような悩み・ストレスを抱えています。

    ・どうも相手に話が伝わらない。

    ・相手の言った言葉に傷ついた。

    ・相手は自分と考え方が違うのではないかと思った。

  • 社内で互いに相手をタイプ分けして理解し合うことにより、ストレスや不安が軽くなります。

    ・どうして伝わりにくいのか。

    ・どのように言ったら伝わりやすいのか。

    ・相手はどのようなつもりでそう言ったのか。

  • 相手のことが大方わかった上でコミュニケーションをとると、余計なストレスがなくなります。
    ・連携がスムーズになり、ミスを防げます。
    ・管理職やリーダーが「相手に合った伝え方」を心がけ、各社員が前向きな「相手の言葉の受けとめ方」を実践することにより、効果的なメンタルヘルス対策・パワハラ対策となります。
    ・円滑な社員間コミュニケーションにより、働きやすい職場になり、社員の定着率向上に貢献します。

 

 

 

 

 

伝え方ラボについて

 

 

伝え方ラボ3つの特徴

 

❶ 各社員が1アカウントを持ち、自由に継続的に使える
❷ スマホでもタブレットでもパソコンでもいつでも使える
❸ 豊富な動画教材、各自が好きな時間に繰り返し学べる

 

 

 

ビジネスモデル特許を取得した世界初「対人関係ナビゲーションアプリ」

 

特許世界初の『対人関係ナビゲーションアプリ「伝え方ラボ」』は、2017年4月28日付で登録されたビジネスモデル特許を活用したシステムです。

ビジネスモデル特許とは、コンピュータ・ソフトウエアを使った ビジネス方法に係る発明に与えられる特許です。

当特許につきましては、現在、国際特許出願の手続き中であり、すでにPCT国際予備審査を受け、それらの特許性(新規性・進歩性・産業上の利用可能性など)について、請求項すべてに「ある」との見解をいただいております。

現時点では世界にも類がないことが証明されているため、「世界初」とさせていただきました。

【特許番号】   特許第6132378号

【発明の名称】

  相手方の性格・趣向を理解してコミュニケーションをとる

  ことを支援する機能を実現させるためのプログラム

 

【出願日】   2016年6月9日

【登録日】   2017年4月28日

※国際特許出願中

 

 

伝え方ラボのベース理論について

 

性格統計学とは

性格統計学は、稲場真由美が16年間のべ12万人のデータを解析し体系化したコミュニケーションメソッドです。性格が異なるタイプを人口構成比率から大きく4つに分類しています。
4タイプの比率

2軸で4タイプに分けて考える

自分軸―相手軸、臨機応変ー目標計画の2軸で4タイプに分けて、職場内の相関図を作成。自分のタイプ、上司や同僚、部下との関係性、共通点や違いを客観的に把握でき、相互理解の土台となる。
4タイプ

 

 

 

伝え方ラボは2種類

 

伝え方ラボは、【職場版】と【職場+営業版】があり、目的に応じてお選びいただきます。

【職場版】は、アカウントを持つ社員同士の相互理解・連携強化に大変役立ちます。

【職場+営業版】は、アカウントを持つ社員同士の相互理解に加え、各社員が社外の人間(顧客・家族など)を登録でき、顧客満足や営業効率の向上にも活用できます。

 

図10

図10

 

 

 

伝え方ラボ 導入費用

 

基本料金

図11

図11

 

※11名以降より、1アカウントにつき料金が加算されます。

※一括お支払い後アカウント発行します。

※2年目以降は自動更新となり、かかる費用はサーバー料のみとなります。

 

 

職場内導入費用 追加アカウント

基本10アカウント348,000円/年。2年目以降は174,000円/年。

11名以降は追加アカウントとなり、年額料金が加算されます。

初期導入時のアカウト数追加アカウント/
1アカウント当たりの月額
月額料金
10名以下0円29,000円
11~50名1,600円29,000円
51~100名1,400円29,000円
101~200名1,200円29,000円
201~500名1,000円29,000円
501~1000名800円29,000円
1001名~600円29,000円

 

 

職場+営業導入費用 追加アカウント

基本10アカウント696,000円/年。2年目以降は348,000円/年。

11名以降は追加アカウントとなり、年額料金が加算されます。

初期導入時のアカウト数追加アカウント/
1アカウント当たりの月額
月額料金
10名以下0円58,000円
11~50名1,600円58,000円
51~100名1,400円58,000円
101~200名1,200円58,000円
201~500名1,000円58,000円
501~1000名800円58,000円
1001名~600円58,000円

 

お問い合わせはこちらから

 

 

 

 

 

【スムーズな導入ステップとして】伝え方ラボを活用した社員研修

 

研修内容

伝え方ラボ(職場版)を使用したコミュニケーション研修です。(120分)

①性格統計学について、基本知識を学びます。

②伝え方ラボにログイン

③タイプの違いと考え方の違いを研修ワークで体感します。

④違うタイプの人への伝え方、受けとめ方を学びます。

⑤ライプの違いから起こるコミュニケーションギャップやストレスを、どのように相互理解し関わればいいかを「伝え方ラボ」に表示されることを確認。

研修後、1か月間利用できます。

 

研修メニュー

・伝え方コミュニケーション研修 ~円滑な人間関係と連携強化のために~

・メンタルヘルス&コミュニケーション研修 ~受けとめ方でストレスはなくなる~

・管理職向けリーダーシップ研修 ~部下を伸ばす言葉のちから~

・接客営業コミュニケーション研修(基本版) ~苦手意識を克服!接客に自信がつく ~ 

・接客営業コミュニケーション研修(実践編) ~顧客に響く言葉選び・3つのテクニック~

 

 

研修費用

120分~180分 150,000円(税別)

 研修+伝え方ラボアカウント(参加人数分)

 

※30名以上の場合、別途お見積りいたします。

※120分以上の研修時間が必要です。

※講師の旅費交通費は別途承ります。

 

お問い合わせはこちらから

 

 

 

主な実績

 

ヤマト運輸 様

勇晃内燃機工業 様

速星精工(株)様

(有)はなと様

中田自動車(有)様

色彩工房藍(株)様

など

 

 

 

ご利用イメージ

 

 

職場版 (5名以上のすべての職場で役立ちます)

建設、スーパー小売、IT、メーカーなど全ての職場に

図17

 

『職場版』では、従業員ご自身のタイプ、各従業員のタイプや行動パターンがお互いに理解できます。

従業員間の情報の共有もスムーズにいくようになります。工場や社内でのコミュニケーションは、チーム連携や引き継ぎはもちろん、従業員一人一人のメンタルヘルス面の強化においても有効で、ストレスの軽減、定着率の向上につながります。社員研修やコンサルティングと組み合わせることで、より効率的な人財育成を図れます。

 

 

 

 

職場版+営業版 

病院・介護施設での活用例

職場内で

図1.8 png

『職場版』では、スタッフご自身のタイプ、各スタッフのタイプや行動パターンがお互いに理解できます。リーダーからの指示命令も、スタッフ間の情報の共有もスムーズにいくようになります。介護施設内でのコミュニケーションは、チーム連携や引き継ぎはもちろん、介護職員一人一人のメンタルヘルス面の強化においても有効で、ストレスの軽減、離職率の軽減に大いに役立ちます。

入居者・入院患者様

図19

 

『営業版』を導入することで、要介護者にお話を伝えるときも、要介護者からのお話を聞くときも、要介護者のタイプに合った伝え方、受けとめ方ができることは、職員にとっても働き甲斐の向上につながります。

また、認知症などのデリケートな要介護者のタイプごとに、介護の現場においてタブーな言動の防止も図れます。

 

 

 

職場版+営業版

学校、保育、学習塾での活用

教員または保育士

図20

『職場版』では、ご自身のタイプ、各講師や職員のタイプやお互いの関係性が把握できます。スタッフ間の情報の共有もスムーズにいくようになります。教育現場でのコミュニケーションは、チームワークや引き継ぎはもちろん、教職員一人一人のメンタルヘルス面の強化においても有効で、働きがいの促進、離職率の軽減に大いに役立ちます。

生徒、父兄

図18

『営業版』を導入することで、塾生の性格に合った指導法はもちろん、家庭教師など塾生や保護者と相性のいい教師をマッチングさせることが可能です。特に、生徒の父兄に対して「親子の関わり方・言葉がけ」について、役立つアドバイスができ付加価値が高まります。

 

 

 

職場版+営業版

派遣会社での活用

マネージャー

図21

『職場版』では、派遣マネージャーご自身のタイプ、各派遣マネージャーや従業員のタイプやお互いの関係性が把握できます。マネージャー間の情報の共有もスムーズにいくようになります。社内でのコミュニケーションは、チームワークや引き継ぎはもちろん、従業員一人一人のメンタルヘルス面の強化においても有効で、働きがいの促進、離職率の軽減に大いに役立ちます。

派遣社員、登録者

図22

『営業版』を導入することで、派遣社員や登録者の性格に合ったコミュニケーションはもちろん、モチベーションアップやカウンセリングをする際にも、派遣社員や登録者のタイプを把握して言葉がけができ定着率アップに役立ちます。派遣先のニーズに合った相性のいい派遣スタッフをマッチングさせることが可能です。

 

 

 

職場版+営業版

自動車整備販売会社での活用

社内(事務、整備士、営業)

図23

『職場版』では、営業マンご自身のタイプ、メンテナンススタッフや従業員のタイプやお互いの関係性が把握できます。ディーラー内の情報の共有もスムーズにいくようになります。社内でのコミュニケーションは、チームワークや引き継ぎはもちろん、従業員一人一人のメンタルヘルス面の強化においても有効で、働きがいの促進、離職率の軽減に大いに役立ちます。

お客様

図24

『営業版』を導入することで、既存客やリスト客、そして紹介客などカテゴリー別に登録することができます。それぞれの顧客の性格に合ったコミュニケーションを取ることができますので、商談が弾みます。

 

 

 

 

職場版+営業版

住宅建築販売会社の活用例

社内(受付、事務、営業、設計、現場監督)

図25

『職場版』では、代表者ご自身のタイプ、営業部門マネージャーや建築設計部門の従業員のタイプやお互いの関係性が把握できます。事務所や建託現場間の情報の共有もスムーズにいくようになります。チームワークや連携作業はもちろん、従業員一人一人の働きがいの促進においても有効で、定着率の向上に大いに役立ちます。

社外取引先、お客様

図26

『営業版』を導入することで、家族構成に合わせて顧客の性格に合ったアブローを図ることができます。最近は、住宅購入において、奥様がキーマンですが、ご主人やお子様の性格を把握した商談がますます必要となっています。大工や設計士やコーディネイターなどの外注ブレーンも登録できます。

 

 

お問い合わせはこちらから

 

 

 

 

 

PAGETOP