人間関係がうまくいく!
伝え方と受けとめ方は
性格統計学と伝え方ラボで

育成診断WORK

TOP > セミナー > 定着率アップ&求人成功セミナー

頭

 

 

 

みんなが笑顔で働ける職場をつくろう!

 

 

こんにちは。

株式会社ジェイ・バンの稲場真由美です。

 

 

今日は、その秘訣がわかる特別セミナーをご紹介します。

みなさん「もっと早く知りたかった」と言われます。

必ずお役に立ちますので、是非ご参加ください。

 

 

人手不足に悩む経営陣の方々、人事労務ご担当のみなさまへ

 

人が辞めない、元気な職場に!

 

従業員の人数は同じ

たった1か月で登録件数237%に増やした効果実績あるノウハウ!

人間関係でやる気向上、生産性アップ!

 

笑顔で働ける職場をつくる方法が、ここにあります。

 

 

さらに、ハローワークの求人でお悩みの求人担当の方へ

 

「求人出しても、人が来ない」とあきらめていませんか?

いいえ、そんなことはありません。

求人活動の成功には、今の世の中の求人に関する正しい知識が必要です。

 

昨年末から実際に、ある会社様からご依頼をいただき、
学んだノウハウを実践して成功した方法をお教えします。

 

1か月間、コスト0円で、7.5倍の集客力。
パート求人説明会に15名を集客した具体的なノウハウをお教えします。

 

 

 

開催日・会場

2019年2月15日(金)

開催時間

受付開始:13:30〜

第1部 14:00~15:20(80分)

第2部 15:10~16:30(90分)質疑応答を含む

各定員8名(最少催行人数3名)
参加費用8,000円
対象

以下の経営者様、人事労務のご担当者様

・働きやすい職場環境づくりをしたい

・従業員の定着率を上げたい

・求人ノウハウを知りたい

・コミュニケーション研修に関心がある

セミナー会場

【とやまサンフォルテ】

富山市新根塚町2丁目9‐16 MFビル1階

TEL:076‐413‐5080

 

※会場は変更になることがあります。

 

 

 


 

会社を辞める理由 人間関係が9割

 

 

空前の人手不足。

最近、あちこちで求人のお悩みを聞きます。

今までの延長で求人募集しても、人は来てくれない。。。

みなさん口を揃えてそうおっしゃいます。

 

人は来てくれない、

せっかく来てくれても辞めていく・・・

 

それでは悪循環ですね。

定着率の悪い職場には理由があります。

代表的な理由が、人間関係。

 

人が足りないから、業務が増えて、人間関係がギスギスする。

忙しくなればなるほど、連携ミスや、ムダがでて、言葉も荒くなったりする。

 

お互い悪気があるわけじゃないけれど、

あの時言ったり、言われた言葉にモヤモヤして、

ミゾが深くなって、どちらかが離職を考えたりしているのです。

 

 

心理学者アドラーは、悩みの9割は人間関係といっています。

仕事を辞めて職業訓練所に通う人たちに 会社を辞めた理由を訊いたことがあります。

予想通り9割以上の人が「人間関係」と答えていました。

 

 

それなら、もっと早く相談してくれればよかったのに・・・。と思いますよね。

けれども、そもそも相談できる人がいたのなら、

きっと「辞める決断」には至らなかったことでしょう。

 

自分の気持ちを分かってくれる人がいる、

自分を認めてくれる人がいる、

自分を必要としてくれる人がいる、

 

それを言葉で確かめられないまま働いていると

いつか先が見えなくなり、そのうちストレスや不安で辞めたくなるのです。

 

 

人間関係がいい、

自分は役に立っている、

と思える会社にすることが、

 

従業員が定着してくれる一番の近道なのです。

 

 

そのために相手に伝わる伝え方を知っていると、とても役立ちます!

 


 

人間関係は「企業の生産性」に影響する!

 

一世紀近い昔の実験でありながら今も注目を浴びるホーソン実験。「生産性向上」という永遠の命題を抱える企業にとって、従業員の心理が企業の生産性に影響するというこの実験は、現代においても関心の高い研究結果です。

 

ホーソン実験とは、アメリカのシカゴ郊外にあるウェスタン・エレクトリック社のホーソン工場で行われ、「職場の物理的な環境条件ではなく、人間関係が生産性に影響する」ということを突き止めた有名な実験です。

 

この実験結果から人間的要素が重要であることが判明したことで、メイヨーやレスリーによって人間関係論が提唱されました。「業績を上げるには、生産性を上げる。生産性を上げるには、従業員の士気(モラール)を高める。士気を高めるには、職場における人間関係の改善が必要である。」という図式が成り立ったことで、この実験以降、経営学における考え方が大きく変わることとなり、人間関係論が盛んに研究されていきます。

 

伝え方

 

 

 

 

求人票の書き方で、反応率210%アップ!

 

性格統計学では人の性格を大きく3タイプに分けて、その人に合った褒め方や教え方がわかります。

そのノウハウを、さらに「反応率の高い求人チラシやブログの書き方」などのマーケティングにも応用できるのです。

 

●タブーワード、NGワードをご存知ですか?

 

今どき「アットホームな会社です」は、ブラック企業の代名詞。

しかし意外にまだまだ掲載されているのです。

それではどのように書くといいのか。。。についてレクチャーします。

 

 

●求人票の書き方で「反応率」が上がります!

労働条件だけを書いていませんか?

求職者が知りたいところは、条件だけではありません

会社側が気づいてない「求職者が知りたい情報」が何かを知りましょう!

 

それは、そんなに難しいことではありません。

目線を変え方をお教えします。

 

さらに性格統計学で分けた3タイプの人に響く写真やワードをちりばめると

効果は倍増!
そのワードもお教えしますね。

 

まるちゃんA

 

 

 

 

 

 

3タイプワードをちりばめた求人サイト
あなたに響くのは、どの部分?どのワード?

 

ヤマト運輸 求人サイト

ヤマト運輸の求人サイトはこちらから

 

 

 

 

 

 

講師紹介

 

0304稲場真由美

株式会社ジェイ・バン 

代表取締役 稲場真由美(いなばまゆみ)

 

16年間のべ12万人の統計データをもとに、性格統計学(人を4タイプに分け「相手に合った伝え方・受けとめ方・かかわり方を実践する)という独自のコミュニケーションメソッドを考案。

 

営業代理店時代に成績不振に陥り、人間関係に悩み、解決策として独自に「相手に合ったコミュニケーションの方法」を思いつき実践。組織を立て直し、4年で28倍の売り上げを達成。富山という狭い商圏で、全国一位を2年連続で維持した実績を持つ。

 

2007年に株式会社ジェイ・バンを設立し、創業。

個人向けのセミナー、カウンセリングを中心に行い、子育てに悩む母親の力強い味方として活動。

 

2017年には、世界初の対人コミュニケーション支援アプリを開発し、ビジネスモデル特許を取得。

活動を、法人向けにシフトチェンジ。統計学という根拠をもとに「働きやすい職場づくり」のためのコンサルティングと研修を行う。

クライアントは、社員10名の中小企業~社員1000名の上場企業までと企業規模は問わず、

対象は、経営者、管理職、パートの方々まで、すべての顧客に一貫したテーマでのコミュニケーション研修を提供しつづけている。

自ら経営する中で多くの苦難を乗り越えた経験があり、現場に合ったアドバイスを行う。

求人難、定着率の低下が問題となる中で、根拠を基にした具体的なソリューションを提案し、実績をあげている。

 

 

講師の実績

 

平成28年度 文部科学省調査研究事業を受託

黒部市教育委員会と連携して「教員のコミュニケーション力向上」を目的とした研修事業を一年間実施。

 

黒部市中央小学校 教員研修の風景
IMG_9629

文部科学省の研修視察後の集合写真
IMG_9632

 

 

「働きやすい職場づくり」をテーマに民間・行政において多数の研修実績

 

黒部市こども支援課
保育士のためのコミュニケーション研修 127名参加(他実績 魚津市、富山市、南砺市)

IMG_5952

 

 

ヤマト運輸
フロアマネージャー研修(定期)
IMG_5056

富山県警本部会計課
部下のほめ方・教え方
IMG_5932

高岡市 保育園長研修
働きやすい職場づくり
IMG_4928

 

 

 

 

お申し込みフォーム

会社名
お名前
ふりがな
メールアドレス
電話番号
参加者の人数
参加する時間帯
懇親会の参加
紹介者のお名前
一言コメント

PAGETOP