コミュニケーション力UPは
性格タイプ別・伝え方で
ジェイ・バンの性格統計学

性格統計学とはABOUT

TOP > 性格統計学とは

性格統計学とは

 

性格統計学は、算命学をベースに、性格趣向の異なる人間同士が、円滑にコミュニケーションする方法を体系化した学問です。すべての人が自分らしく、よい人間関係で気持ちよく過ごすために、弊社代表の稲場真由美が考案・開発しました。

 

 

根拠となるデータ

 

性格統計学の根拠となるデータは「算命学」。2500年以上の歴史を誇る帝王学で、組み合わせは216000通り。世界一精密な統計学といわれています。
算命学は、人の生年月日から、一切の主観なく、個人の人物像(性格趣向、気質、バイオリズム、能力適正など)を深く知ることができます。しかし非常に難易度が高い学問のため、ごく限られた人だけのものでした。

 

 

対人関係がよくなる

 

性格統計学は、算命学でわかる個人の性格趣向をもとに、2人以上の対人関係、またはグループ・組織のコミュニケーションに幅広く活かせます。誰でも簡単に使える専用の診断ソフトを開発し、学んだ知識を日常生活やビジネスで使って役立つ実用学です。

 

 

コミュニケーション力向上に役立つ

 

コミュニケーション力は、社交力や共感力も含め、とても広い範囲で使われますが、「円滑な人間関係」「ビジネス(職場連携、営業、育成)」を目的とする場合、以下のような「相手」を主体としたコミュニケーション力の必要性が高くなります。

【伝達力】相手に自分の気持ちや考えを、伝わるように伝える能力
【理解力】相手が伝えようとしていることを理解し、汲み取る能力
【問題解決力】対話中の意見のすれ違いや不明点に気づき、それを解決する能力

ジェイバンの性格統計学は、自分を知り、相手を知り、自分と相手との考え方や言葉の受け止め方の違いを客観的に知ることができます。相手を主体としたコミュニケーション力の向上に大変効果があります。

 

 

コミュニケーションギャップとは

 

十人十色といいますが、食べ物に好き嫌いがあるように、言葉や生活スタイル、仕事のやり方にも個人の好みがあります。自分の「好き」が相手の「嫌い」ということもあります。性格統計学では、双方の価値観の違い、言葉の受け取り方の違い、情報の不足から生じるコミュニケーションのズレや誤解を「コミュニケーションギャップ」としています。

 ・

家庭や職場で、その違いを知らずに一緒に生活したり、仕事をしていると、気づかないうちに相手の地雷を踏んでいたり、相手に対してストレスや嫌悪感を感じることがあります。性格統計学は、理論をもとに短時間でコミュニケーションギャップの原因を見つけ、具体的な解決法を見つけだし、ストレス解消・問題解決に役立ちます。

 

 

よい人間関係を築けます

 
円滑なコミュニケーションのためには、ズレや誤解の原因となる「その違いを知ることにより、相手に合ったかかわり方がわかり、実践することで、よい人間関係を築けます。

 

 

 

相手に合った伝え方とは

こんな経験はありませんか?

伝えやすい人、伝わりにくい人

同じ言い方をしているのに、どうして伝わる人と伝わらない人がいるのでしょう。

どうして伝わらない?

5W1Hで結論からキッチリしっかり

5W1Hで結論からキッチリしっかり

5W1Hで結論からキッチリしっかり

伝わらない理由とは

 

人に何かを伝えるとき、ほとんどの場合「自分だったらこれでわかる」という自分を軸にした伝え方をしています。これは人は皆、同じ考え方、言葉の受け取り方をすることを前提としています。人にはタイプがあり、自分と同じタイプの人には伝わりやすく違うタイプの人には伝わりにくい傾向があります。

 

どのような
伝え方をすればいい?

5W1Hで結論から
キッチリしっかり

わかりやすいです
了解しました

私が聞きたいのは
そこじゃないのに・・・

うーん・・・
細かすぎる・・・

 それでは、自分のタイプ、相手のタイプはどのようにわかるのでしょうか?

 

 

生年月日でわかる3つのタイプ

 

すべての人は、生年月日によって3つのタイプに分けられます。
ジェイバンの性格統計学では、最大216,000とおり、最小3つのタイプに分けられます。

 

 

ロジカル、ビジョン、ピース


3つのタイプは、「価値観=大切にするもの」で分けられています。
タイプの違いで、コミュニケーション傾向は全く異なります
同じ言葉でも “感じ方” や “受けとめ方” が違い、響く褒め言葉や理解しやすい指示、判断する基準、優先順位も大きく違います。

 

 

3つのタイプ

人口比率

パワーバランス

 

 

相手のタイプに合った伝え方ができる

 

性格統計学では、自分と相手のコミュニケーション傾向と、その違いを知ることにより、「相手に響く伝え方」がわかります。よい人間関係や、ビジネスで求められる相手を主体にしたコミュニケーションができるようになり、関係性・連携がよくなります。

 

 

相手に合った伝え方をしてみよう!

同じタイプだからいつもどおりに

ピースタイプに響く伝え方を意識して

ビジョンタイプに響く伝え方を意識して

気持ちよく動いてくれる。


 

相手のことがわかると、さらにこんなメリットがあります。

 

 

人間関係が楽になる

 

あなたの周りに「いったいこの人は何を言いたいんだろう・・・」と思う人はいますか?

また、「なんとなく苦手…」という人いますか?

苦手な人と話すときは、ストレスになりますね。

 

いったい何を言いたいんだろう…。どうしてあんな言い方をするんだろう…。私だったらしないのに苦手だなぁ

わかりやすい!結論から明確に話してくれる

長いなぁ、何を言いたいんだろう…

話が飛ぶなぁ。何を言いたいんだろう。

 

ストレスの理由がわかる

 

タイプの違いは、コミュニケーションギャップを生みだします。それがストレスの原因です。

性格統計学を使えば、どのようなギャップが自分と相手との間にあるのかがわかります。

 

なるほど!原因は性格の違いから

自分と同じタイプ
わかりやすい!

自分と違うタイプ
うーん・・・

自分と違うタイプ
うーん・・・

 

違いがわかるとラクになる

 

相手と自分は何がどのように違うのかを知ると、相手をおおらかに受けとめることができ、今まで不愉快に感じていたことも、「性格の違い」を認めて関係を築けるようになります。

 

違いがわかると
イライラしなくなります

同じタイプだね。
わかりやすい!

そういう話し方のタイプなんだね。

そういう話し方のタイプなんだね。

相手がわかると、人間関係が楽になり、仕事も家庭もうまくまわります。

 

 

ビジネス~家庭まで、幅広い活用法がある

集客率・売上アップ!
マーケティングに活用できる。

広告(HPブログ・チラシ)のコピーも人によって響くフレーズが違います。ジェイバンの「3つの価値観ワード」をちりばめることで、反応率は大幅にアップします。

3つの価値観ワードをちりばめた場合

タイプによって響く言葉は違います。3つのタイプに響く言葉を意図的にちりばめるとすべてのタイプの人の反応率がアップするから、売上・集客率がアップ!

1人の価値観ワードに偏った場合

商品・サービスの魅力を伝えるキャッチコピー。その文章が、書いた人の好みに偏ってしまった場合は同じタイプの人にしか響かないため、反応も偏る傾向。

 

このような方に

 

すぐに役立つ!

親子・家庭

お子さんにあった褒め方に変えるだけでやる気アップ!親子関係、家庭内のイライラが一気に解消、家庭円満に♪

恋愛・夫婦

男女ならではの問題。相手の地雷を知らない間に踏んでいたことに気づいて、気をつけたら一気に解決♪

職場・人間関係

褒め方、指示の仕方、確認の仕方を変えただけで、連携アップ!元気で明るい職場で、みんな笑顔、業績アップ!

マーケティング

ブログやチラシのキャッチコピー・文章の書き方を変えるだけで、反応率・集客率がアップします!

育成・指導

個々に合った褒め方・励まし方・指導法を実践すると、部下はやる気アップ!効率&効果もアップ!

営業・接客

顧客にあった接客法をマスターして実践すると、契約率・リピート率がアップします!


 

あなたは何タイプ?選べる体験メニュー

生年月日で無料診断

あなたは何タイプ?スマホ・PCから簡単登録で無料診断できます。

詳しくはこちら

体験セミナー

「ジェイバンって何?どんなことが分かるの?3つのタイプってそんなに違うの?」を体験できるセミナーです。

詳しくはこちら

スキルリーディング

専用の性格統計診断ソフトを使った個別のカウンセリング。あなたにあった具体的な方法がわかります。

詳しくはこちら

 

あなたに合った具体的な答えが見つかるカウンセラーを探す

PAGETOP