人間関係がうまくいく!
伝え方と受けとめ方は
性格統計学と伝え方ラボで

会社案内COMPANY

TOP > 会社案内 > 代表挨拶

代表挨拶

すべての人の よりよい人間関係と 幸せのために

 

 

株式会社ジェイ・バンのサイトにご訪問いただきありがとうございます。

 

人は誰でも幸せな人生を送りたいと願っています。
幸せになるために必要なもの、幸せでいるために欠かせないものとは何でしょう。
それは、よい人間関係にほかなりません。

 

親、子ども、パートナー、嫁姑、友人、上司・部下、同僚・・・。
生涯ひとりで生きることはなく、必ず誰かとのかかわりの中で生活をしています。
人間関係がうまくいっている時は、すべてがうまくまわりますし、

うまくいかなくなると、突然すべての歯車がかみ合わなくなり、ストレスを抱えることになります。

 

これまで相手に良かれと思って言ったことやしたことが、なぜか怪訝な顔をされたり、

その後ギクシャクしてしまった経験はありませんか。

 

私は、十数年前に人間関係で悩み、すべてにおいて八方ふさがりになった経験があります。
そこで一つの学問に出会い、大きな気づきを得ることができました。
それは「自分と他人は同じではない」「自分が嬉しいことが、相手も嬉しいとは限らない」というものでした。 

人によって大切にするもの(価値観)が違うこと、

価値観の違いによって同じ内容でも、言葉の選び方や伝え方が違い、

また、同じ言葉でも、受けとめ方、感じ方が全く違うことに気づきました。

人と人は「言葉」でつながる半面、あるときは「言葉」の行き違いで離れることも経験しました。

相手の言った言葉が不快に感じた時、相手はどのような意図でそう言ったのか、私は「価値観が違う人どうし」は、「言葉の伝え方、受けとめ方に差がある」ことに気づき、顧客や部下とのかかわり、カウンセリングなどでデータを蓄積していきました。

 

そのデータの解析、体系化によって、新しいコミュニケーションメソッド「性格統計学」が完成したのです。さらにテクノロジーの進化によって、性格統計学の理論(メソッド)を搭載したマルチデバイス・クラウドアプリ「伝え方ラボ」を開発し、皆様にご提供できるようになりました。

近年はSNSやメッセージツールの進化で、職場でも家庭でも、人と直接コミュニケーションをとる機会が激減しています。そのような環境の中で、手さぐりでコミュニケーションをとり、そのスキルを磨いていくことは至難のわざと感じています。

 

その点、性格統計学を使ったコミュニケーションは、多くの経験や勘を必要としません。

統計的な理論にもとづいた伝え方・受けとめ方の技術を学んだうえで、すぐに仕事や日常で使っていけるからです。

 

自分のことを理解したうえで、相手のことを理解し、相互理解の上でよい人間関係を築いていく。

それは、まさにコミュニケーションの理想であり、性格統計学が目指すところでもあります。

 

性格統計学では、たったの4タイプを覚えるだけで人間関係がとても楽になります。
自分を知り、相手を知り、その違いを明らかにして、どう関わっていけばいいのかがわかります。

そしてコミュニケーションを円滑にできます。
 
さてこの4タイプを知ることで、私たちにできることは何でしょう。
それは、「あきらめること」です。「あきらめる」は仏教用語で、「明らかにして認める」という意味で、

私たちが普段使っている「断念する」という意味だけではなかったのです。


つまり、自分のありのままを知り、受け入れること。

自分と違う人がいることを認めましょう。そうするだけで自己肯定感が高まります。


そのうえで、相手のことを認めましょう。株式会社ジェイバン 代表取締役 稲場真由美

タイプが異なれば、自分とはまったく違う特徴があるのがふつうです。

みんな違っていていいのです。

 

簡単ではありませんが、4つのタイプを知ることが、その一歩になります。まずは、日々の日常や仕事のなかで、性格統計学を使ったコミュニケーションを心がけてみてください。

 

いままでストレスに感じていたことが気にならなくなります。

人間関係がよくなれば、これまでの悩みがあっという間に消えるかもしれません。

 

性格統計学が、みなさまのすばらしい人生の一助になれば幸いです。

 

PAGETOP