人間関係がうまくいく!
伝え方と受けとめ方は
性格統計学と伝え方ラボで

実 績RESULT

TOP > 実績

全国版NHKニュース「おはよう日本」で「伝え方ラボ」を紹介していただきました

2019年06月17日11:00 AM実績

6月12日(水)NHKニュース全国版「おはよう日本」で、

弊社が開発したコミュニケーション支援アプリ「伝え方ラボ」をご紹介いただきました。

「全国放送で紹介されて、一気に広がって行きそうですね」

「分かりやすくて、相互理解に役立ちそうですね」

「放送を見たかった」

とお声をいただき有難うございます。

 

放送内容を紹介させていただきますので、どうぞご覧ください。

 


 

【放送内容】

●2019年6月12日(水)午前4:15~7:45「NHKニュース おはよう日本」

テーマ「アプリで解決!上司と部下の悩み」

 1

 

4

 

職場でいつも時代も悩みの種になるのが上司と部下のコミュニケーション。

上手くいかないと若手社員の離職にも繋がりかねないこの問題。

今、アプリを使って解決しようという取り組みが注目を集めています。

 

(部下とのコミュニケーションに悩む管理職の声)

・部下が勝手にへこむ。

・でもダメなことをした時と、悪い事をしたときは注意したいが、どういってあげたらいいのか分からない。

・部下が最終的に何をやればいいのか分からなくて、困っていることがたまにある。

 

913

 

そこで導入したのが、コミュニケーションを助けるアプリです。

アプリでは従業員の性格を15の質問をもとに分析。

そして、臨機応変に動きたいか、目標を決めて計画的に動きたいか。

自分のペースと、相手のペースのどちらを重視するかという2つの軸をもとに、4つのタイプに分けます。

 

1416

 

アプリで従業員の名前を選ぶと、その人のタイプを確認できます。

接し方のコツも具体例とともに教えてくれます。 

 

1720

 

アプリの診断結果をもとに、コミュニケーションの改善策を検討する研修会を開きます。

研修会には全ての従業員が参加し、上司と部下の接し方について話し合います。

 

2330

 

こちらは高岡市の営業所のグループ。

入社2年目の若手社員と、指導役の所長のタイプがあっていない課題が浮かび上がりました。

 

■若手:所長の指示は、ざっくり「これやっておいて」と言われて、

   「いつまでですか?」「どういうことですか?」と聞くことが多々ある。

○稲場:指示はもうちょっと細かい方がいいですか?

■若手:指示が細かい方が嬉しいですね。

    また聞かないといけなくなるので、一回で全部言ってもらえて、報告をする方がやりやすい。

■上司:やることさえ決まっていれば、それでやってくれるかな、というところがあった。

    実際伝わっていないところがあるので、直していかないといけない。

 

3138

 

指導役の所長は、必要なことをその都度教えるタイプで、その時に必要なことしか指示していませんでした。

一方、若手の2人は、業務の全体像を掴んだ上で計画的に動きたいタイプでした。

コンサルタントが注目したのは、若手2人と同じように目標を決めて計画的に進めるタイプの主任でした。 

 

○稲場:主任は指示をする時、どんな風にしますか?

■主任:「1回目はちゃんと言う。2回目3回目になると指示は減らして、多少は自分で考えてもらいます」

○稲場:主任から、若手のお2人に指示したり教えることはありですか?

■所長:ありだと思います。

 

話し合いの結果、若手の指導役は、主任が担当することに決まりました。

 

3940

 

研修から3週間後、若手2人が働く営業所を訪ねると・・

主任が、若手の2人に、ドアノブの外し方と取り付け方を指導していました。

 

■主任:大きいドライバーだと当たってやりにくいから、この小さいドライバーを使えば、

    ねじの頭にさして、ちょっと斜めでもできる。

 

2人の若手は、スムーズにコミュニケーションが取れるようになり、仕事への理解が進んだと言います。

 

4648

 

■若手:今は1から丁寧に教えてもらえて、何度も聞かずに済むので申し訳なさがなくなり、

    働きやすくなりました。

 

所長も営業所の業務の流れが改善されたと感じています。

■所長:すごくやりやすいし、仕事の効率もよくなった。

    最初は戸惑ったけれど、やってよかったと思います。

 

4950

 

アプリをきっかけに職場のコミュニケーションを改善するこの取り組み。

今後広がりを見せるか注目されます。

 

上司と部下のタイプが異なる場合には、タイプの違いをよく理解した上で、伝え方や指導方法を

工夫していくことがコミュニケーション改善のカギになるということです。

 


 

<取材協力>

株式会社ドアメンテナンス

代表取締役 水口 猛史 様

 

190522 水口社長インタビュー 

 

(5月放送 NHK富山放送局「 ニュース富山人」での水口社長のインタビュー)
一見ぱっと人を型にはめ、こういうタイプに分かれるというと人間はそんな単純ではないし、
人によっては抵抗があるかもしれない。

統計学に基づいているということで、コミュニケーションをしっかり取れる会社にしたいと思い導入をしました。

お互いがお互いに理解をする、と言葉にすると簡単だけど、なかなか難しい。

アプリが1つのきっかけとなり、結果的に相互理解が深められたというところがゴールです。

 

「伝え方ラボ」でHRエキスポ@東京ビッグサイト初出展

2019年06月03日16:30 PM実績

5月29日~31日の3日間、東京ビックサイトで開催された人事労務・教育・採用関連のサービスを取り扱う、人事業界日本最大の展示会「HRエキスポ」に初出展しました!

 

ジェイ・バンのブースでは、立ち寄っていただいた企業ご担当者様のお悩みや課題等に対し、弊社のサービスがどのように役立つのか、なぜ伝え方で定着率アップ、離職率の低下、生産性向上やパワハラ対策に繋がるのか。

 

これまでの実績や導入するメリット、「伝え方ラボ」の無料体験をしていただき、「伝え方ラボ」を知っていただく機会となりました。

 

また期間中の3日間、毎日13:00時からジェイ・バン代表取締役/伝え方ラボ開発考案者の稲場真由美による無料セミナーを開催させていただき、参加した方からは、社内でよく起きている問題の具体例と解決策を聞くことができ、目からウロコ、検討してみますといった声をいただきました。

 

開催期間中、ブース・セミナーに足を運んでいただいた皆さま、有難うございました。

更に詳しく知りたいなどお気軽にお問合せください。

 

看板案内図 1案内図 2
   
ブース ミニセミナーブースセミナー風景
ブース内ミニセミナー「伝え方ラボ」無料体験無料セミナー風景

 

 

 

NHKニュースにて「伝え方ラボ」をご紹介いただきました

2019年05月24日17:30 PM実績

地元、富山のNHKニュースで弊社が開発した、コミュニケーション支援アプリ「伝え方ラボ」を活用した企業研修と、研修後、上司や新人社員にどのような変化や効果があるか。
その後の追っかけ取材まで含んだドキュメントです。

 

【放送内容】

テーマ「どう改善?上司と部下の関係」

●5月22日(水)午後6:10~7:00「ニュース富山人」

●5月23日(木)午前7:45~8:00「おはよう日本」

 

数日間撮影した内容が、7分に凝縮されており、「伝え方ラボ」の機能から、職場での活かし方・導入の効果まで編集してくださいました。

 

今回の放送は富山県エリアのみでしたが、早速ご連絡をいただくなどニュースの効果を改めて実感しています。

 

190522 NHKニュース富山人

 

190522 4分類

 

190522 水口社長インタビュー

 

190522 伝え方ラボ

北日本新聞 とやま経済面にて「伝え方ラボ」を取り上げていただきました

2019年03月12日19:49 PM実績

ヤマト運輸様にて伝え方ラボ活用の社員間コミュニケーション活性化の取り組み

2019年03月05日07:13 AM実績

富山県警本部 会計課 様「部下のほめ方・教え方研修」

2018年12月02日23:48 PM実績

ヤマト運輸 富山主管様 マネジメント研修(前月比273%伸び)

2018年11月30日16:33 PM実績

ヤマト運輸 富山主管様 求人ページ制作いたしました。

2018年11月30日16:00 PM実績

ニュースでご紹介いただきました。

2018年10月19日19:25 PM実績

日経ビジネス(2/1発売号)にて 特集「凄い売り方」で3つのタイプを紹介

2016年02月01日14:02 PM実績

日経ビジネス 2月1日発売号の特集「凄い売り方」にて、約1ページの紙面でご紹介いただきました。

 

内容(引用)

特集 普通の会社はやってない 凄い売り方

日経

 

アベノミクス効果によって一部で回復の兆しが出てきたものの、 全体としては物が売れない時代が続いている。想定通りに上昇しない賃金、再び迫る消費増税。消費意欲が湧きにくい環境はしばらく変わりそうにない。だが、そんな状況でも売りまくっている企業と個人は存在する。共通するのは、普通の会社はやっていない独自の営業を実践していることだ。 荒唐無稽、破天荒、非常識──。その実、理論に裏打ちされた「凄い売り方」を一挙紹介する。

 

●普通の会社はやってない 凄い売り方

「売れない時代」 とは言わせない

●今どき、物を売りまくる男たちの論理 普通の営業は時間の無駄

●普通の会社は思いも付かない これが 「規格外営業術」

●古典2冊が示す突破口 時代は 「したたかな営業」

 

 

詳しくはこちらから

↓↓↓↓↓

http://www.nikkeibpm.co.jp/item/nb/661/saishin.html

 

 

科学的どころか”超科学的” 

 

弊社の実用万象学を学ばれ、そのノウハウを営業や集客、さらに人材育成に活用され、大きな成果をあげていらっしゃるレモンホーム様(色彩工房藍・森川聡社長)の取材記事です。

 

 科学的どころか”超科学的”な営業手法に取り組む動きも出てきている。例えば、富山市に本社を置くデベロッパー、色彩工房藍(森川聡社長は、顧客の生年月から性格を推測し営業プランを立案する。

 採用するのは、地元のコンサルティング会社、ジェイバン(稲場真由美社長)が考案した「実用万象学」。生年月日に基づいた算命学に、稲場社長が15年間下着販売で得たノウハウを組み合わせた独自の理論だ。

 実用万象学によると、全ての人は生年月日によって「ロジカル」「ピース」「ビジョン」という3タイプに分類され、それぞれ”籠絡”しやすい攻め方があると説く。

 例えば、同じ断熱材を売り込む場合でも、顧客がロジカルならば、・・・・(後略)

(引用 日経ビジネス凄い売り方 P32)

 

実用万象学のビジネスにおける具体的な活用法について、セミナーを予定しております。

また法人さま向けに、営業力向上を目的としたコンサルティング・研修を行っております。

どうぞお気軽にお問い合わせください。

 

 

 

 

帝国データバンク発行「TEIKOKU NEWS」でご紹介いただきました。

2015年08月06日10:43 AM実績

ボランティア養成「子どもとのコミュニケーションのとり方」の講演を行いました。

2015年03月08日16:00 PM実績

医療現場における「医療安全のためのコミュニケーション」の講演を行いました。

2015年03月05日11:57 AM実績

魚津市社会福祉協議会主催講座「地域コミュニケーション講座」にて講演しました。

2015年02月17日22:00 PM実績

富山市主査・主任保育士研修会にて「保育士のためのコミュニケーション講座」の講演をしました。

2014年11月06日16:07 PM実績

梅宮アンナさん司会 TVガールズハッピートークに出演。動画ご覧いただけます。

2014年10月07日08:16 AM実績

おかげさまでご好評いただいております、HPの「じぶん分析してみよう」のページですが、
皆さまお試しいただけましたでしょうか?

https://j-ban.com/analyze/

先日、こちらのページにご興味をお持ちくださった番組スタッフの方からご連絡をいただき、
弊社稲場が「ガールズハッピースタイル」に出演し、
「ジェイバンまるごとセミナー」のイメージで進行し、
スキルリーディングをご紹介させていただきました。

和気あいあいとした雰囲気での収録。
明日10月8日(水)深夜1:30~より、テレビ埼玉 にて放送されます。

地域外でご覧いただけない方も、こちらのページから動画をご覧いただけます

↓↓↓↓↓

https://j-ban.com/results/tv/

 

PAGETOP