人間関係がうまくいく!
伝え方と受けとめ方は
性格統計学と伝え方ラボで

JBANコラムCOLUMN

TOP > JBANコラム > 30歳、34歳、38歳、42歳、46歳。心の周期、気づいてますか?

その他 生き方・転機
人生を、私らしく。
  • タイトル

    30歳、34歳、38歳、42歳、46歳。心の周期、気づいてますか?

 

体の周期と心の周期

 
こんにちは。

ジェイ・バンの稲場真由美です。

 

体の周期があるように、心にも周期があるようです。

年齢を重ねると体には変化が出るので、体の周期について気づいている人は多いと思います。

養命酒のCMで「女性は7の倍数、男性は8の倍数で変化する」と言うフレーズが有名になりました。

まさしくこれは体に起こる変化のことですね。

 

そして、「心」にも周期があります。

心境の変化に合わせて考え、行動するため、その年齢で転機を迎えることが多いようです。

 

 

心の周期とその変化について

 

女性を例にして考えますが、4年周期で心にも変化が出始めます。

22歳では結婚を意識するようになり、

26歳には出産について真剣に考えるようになるでしょう。

 

30歳では大台に乗り、家庭と仕事の優先順位や今後の可能性を考え

「このままでいいの?」と悩む人がいると思います。

34歳には将来に対してさらに現実的に考えるようになります。

35歳を境に転職や再就職で条件が悪くなる壁にぶつかる人が多くみられます。

 

38歳になれば40歳を目前にして、高齢出産のボーダーラインを感じ始め、

女性には大きな転機にもなるでしょう。焦りを感じ始めるかもしれませんね。
20代に出産した人は、お子さんが成長し、これからの自分の生き方・働き方について考える頃でしょう。

42歳になると、肌の衰えが一段と気になり、自分のメンテナンスを優先的に考える方も増え、

思春期のお子さんをお持ちの方は、経済面を考え、働き始めることもあるでしょう。

46歳になる頃には、さらに体の変化や衰えを感じ始め、更年期障害が始まる人もいます。
体力を使う仕事の人は、そろそろ「この後の自分」について考え始めることでしょう。

 

そして50歳。年老いた親の健康面が心配になります。
50歳は、子供、親、仕事、地域・・・。さまざまな要素が、複雑にからみやすく、

少なからず人生の分岐点となる人が多いようです。

 

この私も同じように、4年ごとの周期で人生の転換期を迎えて、今があります。

 

 

人生を、私らしく。

 

一旦ここで、自分自身を見つめなおしてみませんか?

 

知っているつもりの自分

「自分のことは自分が一番分かっている」

そう思っている人が多いのではないでしょうか?

確かに、「自分の好きな物」「自分の嫌いな物」「自分が心地よい場所」「自分が好きな音楽」など、その人にしかわからない部分があります。

 

自分を理解していないってどういうことなの?

 

そうはいっても「自分のことなのに、自分がわからない」と感じたことはありませんか?
「なぜ」そう感じるのでしょう?

自分のことをわかっているはずなのに、感情に対して理由を求められると、なかなか説明することが出来ませんね。

実はこれが、「自分を理解していない」と言うことなのです。

 

ダイエットにたとえると

例えば、ダイエットをして成功する人・失敗する人が出るのは、自分を理解しているかどうかで結果が変わります。

体質や食事の傾向、運動の選び方など、ダイエットをする「人」と「方法」には相性があります。

相性の合わない方法で、どんなに努力をしても結果が伴ってこないので、途中で挫折してしまいます。

そして別のダイエット方法を探しているのではないでしょうか?

これだけ多くのダイエット本やダイエット方法があるのもそのためです。

 

自分に合ったやり方

これはAさんとBさんがいて、2人がダイエットをした時の話です。

 

Aさんは、ダイエットをするときに、「私は食べるのが好きだし、極端に食事を減らすのがムリ」とわかっていて、食事を減らすより運動を頑張れば良いと決めました。

「でも、激しい運動は続かないのよね・・・」とわかっているので、自分が苦しくならない楽しい運動が選びました。

そして、ウォーキングをしようと決め、「雨の日はサボっちゃうわ。私のことだから、きっと挫折しそう」と思ったので、家の中で出来てウォーキングと同じ消費カロリーになる「雨の日専用メニュー」も考えました。

Aさんは、朝型でコツコツ同じことを続ける事が好きな人なので、たった2カ月で何も苦しいと感じずにマイナス5kgのダイエットに成功しました。

この方法がAさんにはピッタリだったのですね。

 

合わないことを続けていても結果は出ない

これを聞いたBさんも「結果が出るなら!」と、同じ方法でダイエットをしました。

食事はムリに減らさない、運動もウォーキングにして、雨の日にはサボらないためのメニューも考えました。

でも、この方法で2ヶ月も続けたのに、Bさんには全く効果が出ず落ち込んでしまいました。

その理由は・・・。

毎日コツコツ続ける方法は、Aさんには性格的にも体質的にも合っていて、Bさんには合っていなかったのです。

そこで、Bさんは考え直してみました。

「私は、思いっきり体を動かした方が楽しいし、朝の早起きは嫌い。歩いてばっかりでつまんない」

食事の量を半分なのは同じですが、Bさんは朝のウォーキングを会社帰りのスポーツジムに変更しました。

Bさんは会社帰りの方が体が動き易いようで、効果的にプログラムを消化していきました。朝のウォーキングでは効果が出なかったBさんでしたが、なんとたった1ヶ月で5kgのダイエットに成功したのです。

同じダイエットをしてもAさんの性格に合う方法とBさんの性格に合う方法では、この様に過程や結果が違うものなのです。

 

自分を知ることで豊かに変わる人生

普段の生活で避けることの出来ない人間関係でも、自分の傾向を知っているかどうかで対策の取り方が違ってきます。

どなたでも同じですが、自分に合わないものはストレスになります。

何が合うのか、何が合わないのかと分類するためにも、まず「自分を知る」と言うステップが必要でしょう。

始めの一歩が確実になることで、希望する結果も出しやすくなります。

苦しい思いをして我慢しながら「自分の気持ちを押さえ込んで」人間関係を作らなくても、円満に過ごせる考え方がわかります。

自分の活かし方がわかる事に通じますね。

 

自分を知るための方法がある

性格統計学を使うと「自分自身の好きなこと・嫌いなこと」を客観的に理解できるようになります。

 

性格統計学とは、16年間のべ12万人の統計データをもとにできた「対人関係の統計学」です。

主観的な自分の目で見えていないところを、統計データというブレのない基準で客観的にクローズアップして、自分を知ることができます。

統計学という言葉が出ると、難しくてわからないと思ってしまいがちですが、そんなに難しく考える必要はありません。

この段階では、「ぼやっとしている自分自身の輪郭が、客観的な統計をもとにハッキリみえてくる」と理解して頂ければ十分です。

 

 

 

 

自分のことが客観的にわかるアプリ「伝え方ラボ」を体験してみませんか?

 

円滑な人間関係を築くためのコミュニケーション支援アプリ「伝え方ラボ」。
今年NHKニュース「おはよう日本」やフジテレビ「ノンストップ!」で紹介され、いま話題のアプリです。自分自身の性格タイプと、気になる人とのコミュニケーション診断が1名分、無料で体験できます。
是非、ご体験ください!

〇世界初のアプリで、お一人でも多くの方に体験していただきたく無料体験キャンペーンを実施しております。課金などは一切ありませんのでご安心ください。

 

 

 

 

 

伝え方ラボ・公式LINE「友だち」大募集!


性格タイプ診断&お得な情報配信中!
「あなたと相手のタイプ」が3タップでわかる、診断機能が使えます!

このバナーをクリック↓↓↓
110242233_3088400867941537_1309015418680311453_n


お友だち追加で、4つの特典
①自分のタイプ診断ができる

②相手のタイプ診断ができる(人数無制限)

③公式LINE限定情報が届く!

④検定講座5%OFFクーポン配信!
お得です!今すぐ「友だち追加」!
こちらをクリック

 

PAGETOP