人間関係がうまくいく!
伝え方と受けとめ方は
ジェイ・バンの性格統計学で

コラム 幸せの近道COLUMN

TOP > コラム 幸せの近道 > 30歳、34歳、38歳、42歳、46歳。心の周期、気づいてますか?

その他 自分らしさ・生き方
セカンドキャリア
  • タイトル

    30歳、34歳、38歳、42歳、46歳。心の周期、気づいてますか?

 

体の周期と心の周期

 
こんにちは。

人間関係研究家の稲場真由美です。

 

体の周期があるように、心にも周期があるようです。

年齢を重ねると体には変化が出るので、体の周期について気づいている人は多いと思います。

養命酒のCMで「女性は7の倍数、男性は8の倍数で変化する」と言うフレーズが有名になりました。

まさしくこれは体に起こる変化のことですね。

そして、「心」にも周期があります。

心境の変化に合わせて考え、行動するため、その年齢で転機を迎えることが多いようです。

 

 


心の周期とその変化について

 


女性を例にして考えますが、4年周期で心にも変化が出始めます。

22歳では結婚を意識するようになり、

26歳には出産について真剣に考えるようになるでしょう。

 

30歳では大台に乗り、家庭と仕事の優先順位や今後の可能性を考え

「このままでいいの?」と悩む人がいると思います。

34歳には将来に対してさらに現実的に考えるようになります。

35歳を境に転職や再就職で条件が悪くなる壁にぶつかる人が多くみられます。

 

38歳になれば40歳を目前にして、高齢出産のボーダーラインを感じ始め、

女性には大きな転機にもなるでしょう。焦りを感じ始めるかもしれませんね。
20代に出産した人は、お子さんが成長し、これからの自分の生き方・働き方について考える頃でしょう。

42歳になると、肌の衰えが一段と気になり、自分のメンテナンスを優先的に考える方も増え、

思春期のお子さんをお持ちの方は、経済面を考え、働き始めることもあるでしょう。


46歳になる頃には、さらに体の変化や衰えを感じ始め、更年期障害が始まる人もいます。
体力を使う仕事の人は、そろそろセカンドキャリアについて考え始めることでしょう。

そして50歳。年老いた親の健康面が心配になります。
50歳は、子供、親、仕事、地域・・・。さまざまな要素が、複雑にからみやすく、

少なからず人生の分岐点となる人が多いようです。

 

 

 


私の4年周期

 

私も振り返ってみると、面白いように4年ごとに転機が訪れていたようです。

 

夢はセブンハピネス

 

0304稲場真由美22歳で夫に出会い、23歳で結婚。

 

結婚するとき、仕事を辞めるか続けるかで迷い、

「30歳までに、なりたい自分」を描き、
当時勤務していた生命保険会社を退職することにしました。。

なりたい自分とは、”7つの幸せをバランスよく手に入れている女性”。

 

7つの幸せ、とは、

健康、家庭、時間、お金、仲間、生きがい、美しさ。

少しずつでもいいから、7つをバランスよく手に入れたいと、

その夢を「セブンハピネス」と名付けました。

 

セブンハピネスを叶えるために、
当時関わっていたブライダル企画関連の会社を起業しました。

最初は軌道に乗っていたのですが、

会社員の夫と、時間のすれ違いが多くなり、

夫から「こんな生活おかしい」と言われ、

自分でも「このままではずい」ということに気づきました。
セブンハピネスと照らし合わせ「家庭」を優先し、休業の決断をしました。

 

26歳で出産。

育児をしながら「何か自分に合った仕事」を探していました。

いろいろチャレンジをするのですが、なかなかうまくいきませんでした。

小さい子供がいながら仕事をする大変さ、身にしみて感じた時期でした。

 

29歳になった時、

このままでいいのかな。。。

でもこのままで終わりたくないな。。。

30歳でセブンハピネス、叶えたいと思っていたけど、あと1年しかないな。。。

やっぱり、難しいのかな。でもあきらめたくない、と考えていました。

 

 

30歳で起業、運命的な出会い

 

あと半年で30歳というとき、

以前お世話になったベビースイミングの先生からひとりの女性を紹介されました。

その出会いが、私の運命を変えることとなりました。

 

その出会いがきっかけで、

30歳で女性向けインナー販売の代理店としてサロンを開業しました。

最初の3年はとんとん拍子で上手くいき、

セブンハピネスの夢を叶えることができました。

 

34歳、大きな挫折

 

しかし34歳に、大きな挫折がやってきました。

人間関係が原因で、組織が崩壊し、どん底まで落ち込む大きな壁にぶつかりました。

あまりに大変な状況で、メンタル的にも落ち込み、

もう続けていく自信がなくなっていました。

 

しかし考えた末、辞めずに、立て直すことを決意しました。

なぜなら、同じ商品を販売して、うまくいっている人がいたからです。

自分が変わることでやり直せるなら、頑張ってみようと思いました。

 

当時、書店に行っては本をむさぼり読んで、メンタル維持に努めていたことを覚えています。

特に人間関係について学び、いろんなことを実践で試していました。

 

今から思えば、あのとき逃げなかったから、成長できたのだと思います。
人生の大きな転機でした。

立て直すには、何より人材育成が大切だと考え、

現在、私がやっている「人間関係の研究」の基礎を築くことになったのです。

 

4年後、38歳のとき、努力の甲斐あってふたたび再起することができました。

年間売上1000万まで落ち込んだ業績が、

富山という小さな商圏で、年間2億8000万円になり、

全国1位の売上を2年連続で圧制するまでになりました。

 

 

売上を持続させることは大変なことです。

数字ばかり追い続けていたら、スタッフは疲弊するばかり。

会社に人材育成の仕事をしたいと掛け合ったのですが、それは無理なこと。

 

今後の長い人生を改めて考えた時、限界を感じたのが41歳の時でした。

この時も「セブンハピネス」に照らし合わせ、

「生きがい」を持ち続けられる道を選択しました。

 

42歳、創業

 

そして現在の会社を創業。42歳のとき。

新たな人生の一歩を踏み出しました。

 

一生涯、自分がやっていきたい仕事を選びました。

 

創業して12年目を迎えました。

 

性格統計学私は、16年間のべ12万人の統計データを体系化し、

相手に合った伝え方、受けとめ方、関わり方がわかる

「性格統計学」という人間関係ソリューションの提供を行っています。

 

人の性格タイプを大きく4タイプに分けて、

相手に合った「伝え方、受けとめ方、関わり方」がわかるノウハウです。

 

2018年には、アプリが完成して、ようやく販売するまでに至りました。

 

 

性格統計学とは

 

 

 

まず自分を知ることから始めてみませんか?

 

2018年10月から、

ZOOMというスマホやタブレットからでも参加できるセミナーシステムを使って、

個別カウンセリングやセミナーを開催する予定です。

 

 

ひとりの女性として、また母として、女性起業家として

人生経験が多いこと、苦難を乗り越えた経験が多い分、

お役に立てることも多いと思います。

 

 

現在準備中です。

近日ご案内させていただきます。

またご訪問いただけますと幸いです。

 

 

あなたの次の一歩が、

あなたらしい笑顔になれる

未来に続きますように

 

 

 

PAGETOP