人間関係がうまくいく!
伝え方と受けとめ方は
性格統計学と伝え方ラボで

お知らせNEWS

TOP > お知らせ > こどもまなび☆ラボに弊社代表のインタビュー記事連載、子育てにヒント!

こどもまなび☆ラボに弊社代表のインタビュー記事連載、子育てにヒント!

2020年01月25日18:43 PMお知らせ

学びラボ1月20日から、4日間にわたって「こどもまなびラボ」に、弊社稲場真由美のインタビュー記事が掲載されました。

「こどもまなびラボ」は、月間100万PVを誇る人気教育サイト「Study Hacker」の姉妹サイトで、子どもたちの “学び” に焦点を合わせ、科学的に正しいとされる、信頼できる情報のみを発信する教育メディアとして、多くの子育て世代から支持されているウェブサイト。

テーマは、性格統計学をもとにした「わが子を伸ばすコミュニケーションのとり方」について。

 

「物心ついた子どもとのコミュニケーションを取るのが難しい……」「何度言っても、全然言うことを聞いてくれない・・・」と悩んでいる親はかなりの数で存在しています。

性格統計学でみると、その原因は、わが子に伝わるように伝えていないことが原因で、
言葉の選び方や、伝え方の順序、抑揚を変えるだけで、スムーズに伝わるようになると考えます。
性格統計学の活用で、子育ての悩みを「伝え方」「受け止め方」でカンタンに解決することが可能です。

記事は、こちらからご覧いただけます。

こどもまなびラボ (教育を考える)

1月20日(月):

性格統計学の提唱者が語る。「親子は考え方も似る? それはただの思い込みです」


1月21日(火):

子どもが言う「なんとなく……」に、親が「どうして?」と聞いてはいけないわけ。


1月22日(水):

子どものタイプ別・自己肯定感が本当に伸びる褒め言葉。「すごいね」だけじゃ響かない!?


1月23日(木):

「いくら言っても分かってくれない」のは、叱り方がその子に合っていないから。 

 

子育てに役立つ記事です。

是非ご覧ください。

 

 

PAGETOP